【コラム】共感を呼び覚まそう!物語の力であなたの話し方は劇的に変わる

物語は私たちの日常生活に溢れていますが、その中には人間関係を劇的に変える可能性を秘めたものがあります。

ただ情報をありのまま伝えるのではなく、物語として伝えることで共感や信頼を生み出し、行動や態度を変えることができるのです。

この記事では、物語が人間関係に与える驚くべき効果とその活用法についてお伝えします。

物語の力を最大限に引き出して、効果的なコミュニケーションを実現しましょう。

人間関係を変える魔法のツール、物語とは?

物語と言えば、小説や映画、ドラマなどの架空の話を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。実は私たちの日常生活にも物語は溢れているのです。

自分の体験や思い出、夢や目標、感情や価値観など、すべてが物語です。
そして、それらの物語を会話に取り入れるだけで大きな効果が現れます。

物語には人の心を動かしたり、感情を共有したり、信頼を築いたり、行動を変えたり、する力があるのです。

物語の力を最大限に活かせる方法を理解して、自分の物語を効果的に伝えていきましょう。

人間関係改革の鍵!会話に物語を組み込む方法とは

コミュニケーションに物語を編み込むことでより深い人間関係を築くことができます。

物語を組み込むとは、自分の内面にある物語を表現することです。
これらのアプローチは人間関係におけるコミュニケーションの品質向上を図る上で重要な要素となります。

そして、自分の物語を編み込んだコミュニケーションを行うことで、相手への
「理解度・共感度・信頼度・影響度・関係度」
の5つの要素を高めることができるのです。

例えば、「昨日美術の先生に褒められてうれしかったの」という話では、相手は会話に興味を持たないでしょう。しかし、「これまで何度も絵を書いて美術の先生に見てもらっていたんだけど、ダメなところを指摘されるばかりで、褒めてもらうことができなかったの。昨日はついに完成した絵を見てもらう日だったんだけど、不安で今にも逃げ出したかったんだ。指摘されるのを覚悟のうえで出したら、先生がすごく上手くなっていると褒めてくれたの。すごくうれしかったんだ」という話では、相手はあなたの話に興味を持つでしょう。

物語を選ぶ際に意識すべきポイント


ここまで「物語」が人間関係に与える効果についてお話してきました。

しかし、相手に伝えるときにどんな物語を選ぶかによって、その効果は大きく変わってきます。相手に共感を持ってもらうためには、以下の3つのポイントを意識して物語を選びましょう。

感情移入を誘う要素を含める

相手の心を動かすには、感情移入を誘う要素が重要になります。

感情移入とは、自分の立場や状況に近い人物やできごとに対して、自分の感情を投影することです。感情移入が起きると、相手は物語に引き込まれ、自分のことのように感じるようになります。

共通領域に触れる

物語は、相手との共通領域に触れることで、関係性を強化することができます。

共通領域とは、相手と自分が共有する知識や経験、興味や好みなどのことです。
共通領域に触れることで、相手は自分と似ている部分や親近感がある部分を見つけることができます。

有益なメッセージを込める

相手に有益なメッセージを込めることで、価値を提供することができます。有益なメッセージとは、相手が学びたいことや役に立つこと、感動しそうなことや元気になりそうなことなどです。

有益なメッセージを込めることで、相手は自分にとって意味のある物語を聞いていると感じます。また、相手は自分に対して感謝や尊敬を持ってくれると感じます。

人間関係に物語を巧みに折り込む伝え方と聞き方


物語に込める想いがわかったところで、いよいよ相手に伝えていきましょう。

物語を伝えるときには、どのように話すか、どのように聞くかが重要です。ここでは、物語の力を最大限に引き出す伝え方と聞き方のポイントを紹介します。

情熱を込めて語る!物語の力を引き出す伝えるポイント

物語を話すときには、情熱をこめて語りましょう。情熱とは、自分が物語に感じた感情や感動を相手に伝えることです。情熱があれば、物語は生き生きとしたものになります。相手もあなたの気持ちに共感しやすくなります。情熱をこめて語るためには、以下のことに注意してください。

・物語のテーマやメッセージを明確にする

・物語の登場人物や場面を具体的に描写する

・物語の展開や結末に対する自分の感想や考察を述べる

・物語が自分に与えた影響や変化を伝える

例えば、「昨日見た映画がすごく良かった」という話では、相手は興味を持ちません。しかし、「昨日見た映画は、人生観が変わるほど感動的だった。主人公は自分の夢を追いかけるために、家族や友人との関係を断ち切ってしまう。でも最後には、本当に大切なものに気づくんだ。私も自分の夢と現実のバランスを考えさせられたよ」という話では、相手は映画の内容やあなたの感想に興味を持つでしょう。

シンプルに魅力を伝える!物語を効果的に伝える方法

物語を話すときには、シンプルに魅力を伝えましょう。シンプルとは、要点や見どころを簡潔にまとめることです。初めにシンプルに要点をつたえられれば、相手は概要や興味点を把握しやすくなります。また、余計な情報や細部は省くことで、相手の想像力や好奇心を刺激します。シンプルに魅力を伝えるためには、以下のことに注意してください。

・主題やテーマを一言で表現する

・ハイライトや見どころをピックアップする

・出来事への評価を述べる

積極的リスニングで築く深い共感を獲得するコツ

物語を聞くときには、積極的リスニングをしましょう。積極的リスニングとは、相手の話に集中して理解しようとすることです。積極的リスニングをすれば、相手はあなたに話したいと思うようになります。また、あなたも相手の物語や感情に共感しやすくなります。積極的リスニングをするためには、以下のことに注意してください。

・相手の話に目を向けて聞く

・相手の話に頷いたり笑ったりする

・相手の話に質問したり感想を共有したりする ・相手の話に関連する自分の話をする

例えば、「そうなんだ」という返事では、相手はあなたが物語に興味がないと感じます。しかし、「そうなんだ。それでどうしたの?」という返事では、相手はあなたが物語に関心があると感じます。

物語の力で育む深い人間関係を手に入れよう!

物語は人間関係を豊かにする素晴らしいツールです。しかし、ただ物語を話したり聞いたりするだけでは、その力を十分に発揮できません。物語を伝えるときには、情熱をこめて語り、シンプルに魅力を伝えましょう。物語を聞くときには、積極的リスニングをしましょう。これらのポイントを実践すれば、あなたは相手と深い共感や信頼を築くことができます。物語の力で人間関係改革を始めてみませんか?

関連記事

  1. 転職するように起業を選ぶ。「光を放つ人」をより輝ける場所へ(後編)

  2. 「マニュアル」ではなく「スタイル」を作る。幸せを届ける接客で実現する、…

  3. 【コラム】あなたの商品は感情で売れる!5つの心理テクニック

  4. 【コラム】辞書は「人類の知識の結晶」。私たちの学びを支え続けてきた歴史…

  5. 長寿企業こそ日本の宝:後編┃2024年、老舗企業が発展していくために必…

  6. 小さな発想を核心的な武器にする。中卒社長が切り開いた成功への道筋

  7. 「書く」という生存戦略。「話が苦手なインタビューライター」に仕事が集ま…

  8. 長寿企業こそ日本の宝:中編┃老舗企業のリブランディングに必要な編集