【コラム】〈シリーズ〉リーダーシップの本質を紐解く:社会への挑戦を続けた女性たちが描く歴史 vol.3 エリザベス1世


「リーダーや管理職は男がなるもの」、そんな固定観念にとらわれている人はまだまだ多く存在しています。そして実際に現在に至るまで女性がリーダーになることは少なく、2022年の日本では管理的職業従事者のうち女性が占める割合は12.9%(令和5年版 男女共同参画白書より)です。

男性有利な社会に負けず、果敢にチャレンジを続け、結果を出す。いま求められるリーダー像のようですが、そうした女性たちは、歴史上に数多く存在します。彼女たちは、どのように周囲を引っ張り、活躍してきたのか。偉大な女性から学ぶべきリーダーシップを、シリーズでお伝えします。


「私はイギリスと結婚したのです」
その生涯を自国の発展のために捧げたエリザベス1世は、こんな言葉を残していました。

 ヘンリー8世と妃アン・ブーリンの間に生まれた彼女は、一生独身を貫き、宗教改革、重商主義政策といった政策を実行し、今のイギリスの基礎を築いたとされています。
イギリスの繁栄に人生を捧げた彼女の功績から、現代にも生かせるリーダーシップについて考えます。

人々の心を動かす言葉の力

成功したリーダーは、言葉の力を理解し、それを効果的に使って人々の心を動かす能力を持っています。

初めての議会、スペインとの戦争に出向いた際、また最後の議会でおこなった彼女のスピーチは国民、兵士の心を大きく動かしました。
これは、ビジネスの世界でも非常に重要なスキルです。成功したビジネスリーダーは、適切な言葉を選び、それを使って人々の理解を深め、共感を促すことができます。

言葉には人々の感情や行動に影響を与える力があります。同じ内容でも、伝え方一つで受け取り方が大きく変わることから、どのように伝えるかが重要になります。リーダーは、言葉を通じてビジョンを共有し、チームを統率する役割を果たします。
また、言葉はコミュニケーションのツールともなります。意見を交換し、理解を深めることが可能です。明確な表現を用いることで、誤解や混乱を防ぐことができます。このように、彼女は言葉の力を理解し、それを有効に活用して人々を動かしました。

さらに、言葉を通じて信頼関係を築くことができます。信頼はビジネスの基盤であり、それを得るためには、言葉を適切に使うことが求められます。また、言葉を用いて意見の違いを尊重し、衝突や揉め事を解決することもできます。

言葉は、他人を励ますツールともなります。適切な言葉を選び、伝えることで、周囲のモチベーションを高めることができます。また、指導や指示を行う際にも、言葉の選び方が重要となります。

ビジネスリーダーたちは、言葉を通じて社員を励まし、指導します。さらに、自分の意思を明確に示すためにも、言葉を用いることが求められます。また、交渉の場面では、言葉を用いて自分の意思を通すことが重要となります。
マーケティングの分野でも、言葉の力は重要です。商品やサービスを宣伝し、顧客を引きつけるためには、魅力的な言葉を用いることが求められます。また、自分の感情を表現し、他人との共感を促すためにも、言葉を用いることが必要です。
他人を説得し、自分の意見を受け入れさせるためにも、言葉の力を活用することが求められます。自己表現を行い、自分自身を理解してもらうためにも、言葉を用いることが重要です。また、教育の分野でも、言葉を用いて知識を伝え、他人を教育することができます。

このように、言葉の力を理解し、それを効果的に活用することは、彼女のような成功したリーダーだけでなく、ビジネスリーダーにとっても必要なスキルです。言葉を通じて人々の心を動かし、ビジョンを共有し、信頼関係を築くことで、成功へと導くことができます。

逆境を乗り越えて組織は成長する

姉メアリとの対立、無敵艦隊との戦い、宗教的対立と、彼女の治世は逆境に満ちていました。しかし、これらの困難を見事に乗り越え、イギリスを強固な国家へと育て上げた奮闘ぶりは、ビジネスにおいて困難に立ち向かい、それを乗り越えるための強さと忍耐力の重要性を示しています。

彼女が経験した困難の中でも、特に注目すべきは宗教的対立です。当時のイギリスはカトリックとプロテスタントとの間で深刻な対立が存在していました。これは彼女の治世における大きな課題であり、彼女自身もローマ教皇から破門されるなど、絶えず身の危険にさらされていました。しかし、彼女はこれらの困難を乗り越え、結果として国民からの深い信頼を勝ち取りました。

そして、彼女はスペインの無敵艦隊との戦いといった、直接的な戦闘や反乱にも直面しました。これらの戦闘や反乱は、英国の安定や発展を脅かす重大な危機でした。しかし、彼女はこれらの危機を乗り越えるための戦略を巧みに立て、英国を勝利へと導きました。

これらの逆境を乗り越えた彼女の経験は、ビジネスにおける困難に立ち向かい、それを乗り越えるための強さと忍耐力の重要性を教えてくれます。ビジネスにおいても、多くの困難や課題に直面しますが、それらを乗り越えることで組織は更に強くなり、成功へと繋がります。そのため、逆境を乗り越える力はビジネスリーダーにとって必要不可欠な資質と言えるでしょう。

ビジネスを成功へと導く「多元的な視点」

彼女の治世は、その多元的な視点によって平和と秩序が達成されました。彼女は複数の視点を持ち、異なる文化や思想を理解し、それをバランス良く統合することで、一つの国をまとめることができました。これは、現代のビジネスにおいても非常に重要な観点です。多元的な視点を持つことで、企業は様々な問題を解決し、競争優位を獲得することができます。

まず、複数視点の採用について考えてみましょう。彼女は、自身の視点だけでなく、他者の視点を理解し、それを尊重することで、国内外の人々との良好な関係を築きました。このような柔軟な思考は、ビジネスにおいても非常に重要です。他者の視点を理解し、それを活かすことで、新たなアイデアや解決策が生まれ、企業の競争力を高めます。

さらに、彼女は、外部環境の理解にも優れていました。彼女は、自国の状況だけでなく、他国の動向や国際関係を深く理解し、それを戦略に活かしました。これもまた、ビジネスの成功には欠かせない要素です。市場環境の理解や競合他社の動向の理解、さらには社会的トレンドの把握は、企業の競争力を高め、ビジネスの成功に繋がります。

以上のように、彼女の多元的な視点は、現代のビジネスにおいても非常に重要な教訓を我々に提供しています。彼女のように、多元的な視点を持つことで、企業は様々な問題を解決し、競争優位を獲得することが可能です。そのため、彼女の多元的な視点を理解し、それをビジネスに活かすことは、我々にとって非常に価値のあることと言えるでしょう。

国際女性デーに組織文化の発展に取り組む

彼女の下でイギリスは、文化的な発展の地位を高め、文学、芸術などあらゆる分野で進歩を遂げました。その当時は「エリザベス時代」と呼ばれ、この時代は文化の多様性と創造性が特徴でした。文学では劇作家のシェイクスピア、音楽家のバードやダウランドを生み出しています。

ビジネスにおいても、彼女のこのアプローチは非常に有用です。リーダーは、自身の組織文化の発展に投資し、それを育むことが求められます。組織文化は、その組織のアイデンティティを形成し、従業員の行動や思考を方向づけます。強い組織文化は、組織のパフォーマンスを向上させ、戦略的な目標を達成するための基盤となります。

強い組織文化は、従業員のエンゲージメントと満足度を高め、彼らの生産性を引き上げます。彼女が示したように、組織文化は単に組織の価値観や信念を反映するだけでなく、組織の方向性を示し、その成長と発展を促す力を持っています。

彼女は、文化的な発展を通じて国家の繁栄を追求しました。これは、ビジネスリーダーが組織文化を形成し、その発展を促進することで、組織全体の成功を追求するための貴重な教訓です。組織文化は組織の心臓部であり、その発展は組織の成功に直結します。国際女性デーに、彼女のリーダーシップを参考にしてみてください。組織文化の発展に積極的に取り組むことが、ビジネスリーダーにとっての鍵となります。

関連記事

  1. 【コラム】エンゲージメントが勝手に高まる、共感されるメッセージとは

  2. 【コラム】〈シリーズ〉企業の情報発信力がより一層求められる現代vol.…

  3. 【コラム】〈エイプリルフール特集〉世界を変えた嘘。壮大なビジョンを掲げ…

  4. 【コラム】<4月27日は哲学の日>ソクラテスから学ぶ、自己成長の…

  5. 【コラム】<4月23日は世界本の日>大切な人に本を贈る記念日

  6. 【コラム】<6月12日は日記の日>悲惨な時代に最後まで希望を捨て…

  7. 【コラム】知っているようで知らない? スポーツの祭典オリンピックの歴史…

  8. 【コラム】<5月12日はナイチンゲールデー>統計学で看護を改革し…