【コラム】エンゲージメントが勝手に高まる、共感されるメッセージとは


私たちは多くの情報に日々触れています。その中で、あなたはどのようなメッセージに共感を覚えますか?
おそらく、自分のニーズや悩み、感情や価値観に寄り添ったメッセージではないでしょうか。それが、共感を呼ぶメッセージです。この種のメッセージは読者の心に響くだけでなく、行動や決断にも影響を及ぼします。
この記事では、共感を呼ぶメッセージの秘訣について解説します。具体的で感情を揺さぶる表現のテクニックから始め、読者の心に響く方法、広告やマーケティングキャンペーン、そしてソーシャルメディア投稿などでの効果的な活用法までを紹介します。共感を呼ぶメッセージを活用し、効果的なコミュニケーションを実現しましょう。


共感の重要性!なぜ共感を呼ぶメッセージが必要なのか

いまのインターネット時代は情報で溢れており、人は自分にとって価値のある情報だけを選んで読む傾向があります。そのため、何かを伝える際には、読者の心に訴えるメッセージを作成することが大切です。これによって、相手は興味を抱き、信頼を感じ、行動へと移りやすくなります。
では、どのようにしたら心に響くメッセージを作れるのでしょうか?

その答えが「共感を呼ぶメッセージ」です。共感を呼ぶメッセージとは、読者のニーズや悩み、感情や価値観に寄り添ったメッセージのことです。このようなメッセージを書くことで、興味を惹いたり、信頼を築いたり、行動をうながすような効果が期待できます。

共感を呼ぶメッセージは、非常に効果的な手段です。しかしそのためには、一定の技術が必要です。それでは、共感を呼ぶメッセージの特徴と作り方について見ていきましょう。

共感を呼ぶメッセージの特徴

共感を呼ぶメッセージには、以下の2つの特徴があります。

具体性があること

1つ目は、具体性があることです。
具体性とは、事実や数字、具体的な例やエピソードなどを使ってメッセージを裏付けることです。具体性があると、読者はメッセージに信頼性や説得力を感じます。また、具体的な情報は読者が自分自身の状況や目標に関連付けやすくなります。これにより、読者は自分に当てはまると感じやすくなります。

例えば、「この商品は素晴らしいです」という表現は具体性がありません。なぜ素晴らしいのか、どのような効果があるのか、どのような人に適しているのかといった疑問が残ります。対照的に、「この商品を30日間使用した結果、肌荒れが改善されました」という表現は具体的です。使用期間や効果が明確に示されており、肌荒れに悩む人にとって魅力的な情報です。

感情に訴える表現であること

2つ目は、感情に訴える表現であることです。
感情に訴える表現とは、読者の感情や価値観に触れる言葉やイメージを使うことです。これにより、読者はメッセージに共感や感動を抱きます。同時に、感情に訴える表現は読者自身の欲求や目標に気づかせる助けにもなります。こうした効果によって、読者はそのメッセージが自分にとって有益であると感じやすくなります。

感情に訴えない表現は冷静で客観的です。読者はそのメッセージに関心を抱かず、行動には移りません。
例えば、「この商品は安全で品質が高いです」という表現は感情に訴えません。確かに安全性と品質は重要ですが、これだけでは読者の心を動かすことは難しいでしょう。
対照的に、「この商品はあなたの大切な家族を守る助けになります。家族はあなたの貴重な宝物です」という表現は感情に訴えます。”家族”や”宝物”といった言葉やイメージは、読者の愛情や幸福に関連する感情に触れるのです。

共感を呼ぶメッセージの作り方:読者の心に響く手順

1. 読者を理解する

共感を呼ぶメッセージを作るためには、まず誰に向けて書かれているのかを明確にすることが重要です。対象読者の年齢、性別、職業、趣味、悩み、願望などを詳しく把握しましょう。これによって、読者の心に寄り添った内容やトーンを選ぶことができます。

例えば、若い女性を対象とする化粧品に関する記事なら、「美しさに憧れる気持ちはわかります」といった共感を呼ぶ表現が効果的かもしれません。

2. 具体的で感情豊かな言葉を選ぶ

共感を呼ぶメッセージは、抽象的な表現ではなく、具体的で感情を刺激する言葉を用いています。先ほど記述した通り、具体的な表現は、読者にイメージしやすくするだけでなく、信頼性や説得力も高めます。感情を引き起こす言葉は、読者の感情に訴えかけて興味や関心を引きます。

例えば、「この商品は便利です」という表現よりも、「この商品は日々の暮らしをもっと快適にします」という表現のほうが、具体的で感情豊かなメッセージとなります。

3. ストーリーテリングを活用する

共感を呼ぶメッセージは、事実やデータだけを羅列するのではなく、ストーリーテリングを活用して書かれています。
ストーリーテリングとは、登場人物や状況、問題や解決策などを組み合わせて物語風に伝える方法です。ストーリーテリングは、読者の興味を引きつけて記憶に残りやすくするだけでなく、読者に自分自身を重ね合わせて感情移入しやすくする効果があります。

例えば、「このサービスは多くの人に利用されています」というだけではなく、「Aさんはこのサービスを使ってこんな悩みを抱えていましたが、こうして解決しました」というストーリーテリングを取り入れることで、より共感を呼ぶメッセージを作成できます。

4. シンプルで魅力的な表現を追求する

共感を呼ぶメッセージは、長々と複雑な文章よりも、シンプルで魅力的な表現を用いることが重要です。シンプルな表現は、読者にわかりやすく伝わります。魅力的な表現は、読者に印象を与えるとともに心に残りやすくします。

例えば、「この本はあらゆるジャンルの読者におすすめです」というよりも、「この本はあなたの人生を変える一冊です」という表現のほうが、シンプルで魅力的なメッセージになります。

共感を呼ぶメッセージの活用方法

広告やマーケティングキャンペーン

共感を呼ぶメッセージは、広告やマーケティングキャンペーンに効果的に活用できます。広告やマーケティングのでは、商品やサービスの価値を伝えて購買意欲や行動を引き起こすことが重要です。そのためには、読者に自分の商品やサービスがどのように役立つかやどのように感じられるかを具体的に伝える必要があります。

共感を呼ぶメッセージを使うことで、消費者の悩みや願望に寄り添い、商品やサービスの利点を感情的に伝えることで、そのイメージを強化することができます。例えば、「あなたの夢を叶える旅行プラン」といった具体的な表現を使って、読者の夢や興味を引き出すことができます。

ソーシャルメディアでの投稿

共感を呼ぶメッセージは、ソーシャルメディアでの投稿にも効果的に利用できます。ソーシャルメディアでは、自分の存在や価値を多くの人に知ってもらうことが重要です。そのためには、自分の考えや感情を伝え、共感や反応を引き起こす必要があります。

共感を呼ぶメッセージは、消費者の気持ちや経験に共感する要素を盛り込み、自分自身のストーリーを語ることで、その効果を高めます。例えば、「私も以前同じような悩みを抱えていましたが、こうして乗り越えました」といった表現を使って、読者の悩みに共感を示すことができます。こうしたアプローチによって、信頼や尊敬を獲得することができるでしょう。

まとめ

共感を呼ぶメッセージは、読者の心に響くメッセージを作成するための鍵です。具体的な情報や感情を盛り込むことによって、読者の興味を引き、信頼を築き、期待を高め、行動を促すことができます。具体性や感情に訴える表現の特徴や作り方を理解し、対象読者を把握しながら共感を呼ぶメッセージを編み出しましょう。さらに、ストーリーテリングや魅力的な表現を活用することで、共感を呼ぶメッセージの力を最大限に引き出すことができます。

広告やマーケティングキャンペーン、ソーシャルメディア投稿などで共感を呼ぶメッセージを活用し、読者のエンゲージメントを高めてみましょう。共感を呼ぶメッセージの力を借りて、より効果的なコミュニケーションを実現しましょう。

関連記事

  1. 【コラム】〈シリーズ〉「一つの道」を進み続けた偉人に、「極める」の価値…

  2. 【コラム】企業のあり方をストーリーで伝えるミッションステートメントとは…

  3. 【コラム】超音速の夢、コンコルドのストーリー。その成り立ち、魅力と教訓…

  4. 【コラム】あなたは半導体について説明できますか? 半導体の歴史で読み解…

  5. 【コラム】知っているようで知らない? スポーツの祭典オリンピックの歴史…

  6. 【コラム】意外と知らない? 飲み物が秘める驚きの誕生ストーリー

  7. 【コラム】ビジネスはストーリーで成功する!3つのストーリーで意識に変革…

  8. 【コラム】<4/29~5/5はGW>大型連休を有意義に過ごすため…