【コラム】企業のあり方をストーリーで伝えるミッションステートメントとは


企業のミッションステートメントは、物語として魅せる存在です。その一言に込められたストーリーが、組織の存在意義や目指す姿を伝え、組織の一体感やブランドイメージを高めます。この記事では、ミッションステートメントの力と魅力、作成法や伝達方法、評価と改善のポイントについて探求します。ミッションステートメントの力を最大限に引き出し、組織を魅了する方法をご紹介します。


企業のあり方をストーリーで魅せるミッションステートメントとは?

ミッションステートメントとは、企業の存在意義や目指す姿を一言で表現したもので、社員や顧客、取引先などに対して、企業のビジョンや価値観を伝える役割を果たします。

ミッションステートメントは、単なるスローガンやキャッチフレーズではなく、企業のストーリーを語るものです。ストーリーとは、企業がどこから来て、どこへ向かっているのか、どんな問題に挑戦しているのか、どんな価値を提供しているのか、といったことを物語るものです。

ストーリーは、人々の感情や想像力を刺激し、共感や信頼を生み出します。ミッションステートメントは、企業のあり方をストーリーで魅せることで、組織の一体感やブランドイメージを高める効果があります。

ミッションステートメントの力と魅力

ミッションステートメントには、大きく分けて3つの魅力があります。

1つ目は、ミッションステートメントは、社員にとっての指針となります。ミッションステートメントは、社員が何のために働いているのか、どんな目標や理念に沿って行動すべきかを示します。ミッションステートメントは、社員に自信や誇りを与え、モチベーションやエンゲージメントを高めます。

2つ目は、ミッションステートメントは、顧客にとっての約束となります。ミッションステートメントは、顧客が何を期待できるのか、どんな価値や体験を提供するのかを伝えます。ミッションステートメントは、顧客に信頼や満足を与え、ロイヤルティやアドバイザリーを高めます。

3つ目は、ミッションステートメントは、社会にとっての貢献となります。ミッションステートメントは、社会が抱える課題やニーズに対して、どんな解決策や責任を持つのかを伝えます。ミッションステートメントは、社会に影響や価値を与え、評判や信用を高めます。

ミッションステートメントの定義と力強さ

では具体的にミッションステートメントとは何でしょうか?

定義すると、「組織が存在する理由(Why)」、「組織が何をするか(What)」、「組織がどうするか(How)」の3つの要素から構成される文です。

例えば、Google のミッションステートメントは、
「世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすること」
です。これは、

「世界中の情報を整理し」がHow

「世界中の人がアクセスできて使えるようにすること」がWhatとWhy

にあたります。

このようにミッションステートメントは、明確に組織の目的や活動を示すことで、力強さを持ちます。ミッションステートメントは、組織のアイデンティティや方向性を定めることで、組織の戦略や行動に一貫性や優先順位をもたらします。ミッションステートメントは、組織の存在意義や目指す姿を示すことで、組織の魅力や差別化をもたらします。

ミッションステートメントの鍵と作成法

ミッションステートメントとは、企業の存在意義や目指す姿を一言で表現したものです。ミッションステートメントを作成するには、以下の二つのポイントに注意する必要があります。

シンプルさと明確さが重要

ミッションステートメントは、社員や顧客、社会に対して企業のビジョンを伝えるためのものです。そのため、シンプルで明確な言葉で書くことが重要です。複雑で長い文章では、メッセージが伝わりにくくなります。

また、曖昧な言葉や専門用語は避けるべきです。具体的でわかりやすい言葉で書くことで、読み手の心に響くミッションステートメントになります。

目標と意味を伝える方法

ミッションステートメントは、企業が何を目指しているかという“目標”と、その目標を達成することで何が得られるかという“意味”を伝える必要があります。

“目標”は、具体的で測定可能なものにすることが望ましいです。例えば、「世界中の人々に幸せを届ける」という目標は、あまりにも広くて抽象的です。それよりも、「世界中の人々に高品質な商品とサービスを提供する」という目標の方が、より具体的で実現可能です。

“意味”は、目標を達成することでどのような価値や貢献が生まれるかを示すものです。例えば、「世界中の人々に高品質な商品とサービスを提供する」という目標に対して、「人々の生活を豊かにし、社会に貢献する」という意味を付け加えることで、ミッションステートメントに深みや説得力が増します。

ミッションステートメントの伝達とチャネル

ミッションステートメントを作成したら、次に重要なのは、それを伝えることです。ミッションステートメントは、組織のストーリーを語るものですが、そのストーリーを聞いてもらうためには、適切な手段とチャネルを選択し、活用する必要があります。ミッションステートメントを伝えることで、組織の魅力や差別化を高めることができます。

伝える手段の選択と活用

ミッションステートメントを伝える手段には、主に3つあります。

1つ目は、文書です。文書とは、ウェブサイトやパンフレット、報告書などの書面でミッションステートメントを掲載することです。文書は、ミッションステートメントを正確に伝えることができますが、感情や情熱を伝えることは難しいです。

2つ目は、音声です。音声とは、ラジオやポッドキャスト、電話などの音声メディアでミッションステートメントを話すことです。音声は、ミッションステートメントにトーンやイントネーションを加えることができますが、視覚的な印象を伝えることは難しいです。

3つ目は、映像です。映像とは、テレビや動画、プレゼンテーションなどの映像メディアでミッションステートメントを見せることです。映像は、ミッションステートメントに色や動きや表情を加えることができますが、制作に時間やコストがかかることが多いです。


それぞれにメリット、デメリットがあるため、これらの手段を組み合わせて使い、ミッションステートメントの効果を最大化しましょう。

内外への伝達で組織を魅了

ミッションステートメントを伝える対象には、主に2つあります。

1つ目は、組織内です。組織内とは、社員や役員などの組織のメンバーです。組織内にミッションステートメントを伝えることで、組織の一体感や方向性を高めることができます。組織内にミッションステートメントを伝える方法には、社内報や掲示板、会議や研修などがあります。

2つ目は、組織外です。組織外とは、顧客や取引先などの組織のパートナーや利害関係者です。組織外にミッションステートメントを伝えることで、組織のブランドイメージや信頼性を高めることができます。組織外にミッションステートメントを伝える方法には、ウェブサイトやSNS、広告やイベントなどがあります。

ミッションステートメントの評価と改善


ミッションステートメントを作成したら、それを実行し、評価し、改善することが必要です。ミッションステートメントの評価と改善には、以下の二つのポイントに注意する必要があります。

成果と評価の指標

ミッションステートメントは、企業の目標と意味を伝えるものですが、それだけでは不十分です。ミッションステートメントを実現するためには、具体的な行動や成果を設定し、それを測定する指標を定めることが重要です。

指標は、定量的で客観的なものにすることが望ましいです。例えば、「世界中の人々に高品質な商品とサービスを提供する」というミッションステートメントに対して、「商品やサービスの品質を評価する基準や方法」や「顧客満足度やリピート率などの数値」などの指標を設定することで、ミッションステートメントの実効性を評価できます。

フィードバックと改善のサイクル

ミッションステートメントは、一度作成したら終わりではありません。常にフィードバックを受け取り、改善することが必要です。フィードバックとは、社員や顧客、社会から得られる意見や感想です。

フィードバックを受け取るためには、積極的に聞く姿勢や受け入れる姿勢が重要です。フィードバックを受け取ったら、それを分析し、改善策を考えることが必要です。改善策は、ミッションステートメントに沿っているかどうかを確認しながら、実行可能なものにすることが重要です。フィードバックと改善のサイクルを繰り返すことで、ミッションステートメントはより魅力的で効果的なものになります。

まとめ

ミッションステートメントは、組織のビジョンや存在意義をストーリーとして表現する力を持ちます。シンプルで明確な言葉、具体的な目標と意味の伝え方、適切な伝達手段やチャネルの活用が重要です。

また、成果と評価の指標を設定し、フィードバックと改善のサイクルを繰り返すことで、ミッションステートメントの効果を最大化することができます。組織の魅力と差別化を高めるミッションステートメントの力を、存分に活かしましょう。

関連記事

  1. 【コラム】超音速の夢、コンコルドのストーリー。その成り立ち、魅力と教訓…

  2. 【コラム】〈シリーズ〉リーダーシップの本質を紐解く:社会への挑戦を続け…

  3. 【コラム】〈シリーズ〉リーダーシップの本質を紐解く:社会への挑戦を続け…

  4. 【コラム】共感を呼び覚まそう!物語の力であなたの話し方は劇的に変わる

  5. 【コラム】あなたは半導体について説明できますか? 半導体の歴史で読み解…

  6. 【コラム】すべての人が所有できる自動車: T型フォードが目指した、誰も…

  7. 【コラム】企業にパーパスは必要なのか?パーパスの役割や意味とは

  8. 【コラム】<4月27日は哲学の日>ソクラテスから学ぶ、自己成長の…