【コラム】ビジネスはストーリーで成功する!3つのストーリーで意識に変革を起こそう


あなたは、自社のブランドやサービスを顧客にどのように伝えていますか?

ただ事実やデータを並べるだけでは、顧客の心には響きません。
物語を通じて顧客の感情や共感を引き出すことが、人の記憶に残るためには必要なのです。

この記事では、ビジネスにおけるストーリーテリングの秘密を解き明かします。バリューストーリー、ファウンダーストーリー、パーパスストーリーという3つのタイプのストーリーを使って、ブランドやサービスを顧客に伝えていきましょう。 ストーリーの力と影響力を知れば、あなたのサービスやビジネスはもっと魅力的になっていきます。


ビジネスにおけるストーリーの力

ビジネスにおけるストーリーとは、自分のビジネスやブランドの魅力を物語の形で伝えることです。

ストーリーは、単なる事実や数字ではなく、人間の感情や価値観に訴えるもの。そのため、聞き手に強い印象や共感を与えることができるのです。

ビジネスにおけるストーリーテリングは、ブランドイメージの形成や強化、顧客とのエンゲージメントの促進、パートナーや投資家の関心と信頼の獲得など、さまざまな目的に活用できます。ストーリーはあなたのビジネスを他のビジネスと差別化し、競争力を高める強力なツールになっていくでしょう。

人間は感情的な動物です。そのため私たちは、自分に関係することや自分に影響を与えることに興味を持ちます。感情や共感を引き起こすストーリーに、私たちは惹きつけられるのです。

感情や共感を引き起こすストーリーは、聞き手にあなたのビジネスやブランドに対する信頼や期待も生み出します。 顧客はストーリーにふれることであなたの商品やサービスを購入したり、あなたのビジョンやミッションに賛同したり、あなたのパートナーや投資家になったりします。感情や共感を引き起こすストーリーは、ビジネスやブランドと聞き手との関係を深める力があるのです。

ビジネスを変える3つのストーリー

企業が活用できるストーリーには、3つのものがあります。

それぞれの特性を理解して、効果的に活用していきましょう。

価値を伝える「バリューストーリー」

バリューストーリーとは、ブランドが提供する価値やメリットを顧客に伝えるストーリーです。

顧客の課題を解決する方法や、感情や欲求に訴える方法をストーリー化することで、ブランドへの関心や信頼を高めます。

そうすることで、ブランドの核となる価値観や信念、顧客への想いや約束、ブランドの起源や背景などを伝えていくことができます。

ビジネスの起源を伝える「ファウンダーストーリー」

ファウンダーストーリーとは、創業者のパーソナルストーリーを通して、ビジネスの起源やミッションを伝えるストーリーです。

創業者の経歴や経験、ビジネスに取り組むきっかけや動機、困難や挫折からの成長や学びなどを伝えていきます。

そういったコミットメントを示すことで、パートナーや投資家などのステークホルダーに対する信頼や共感を築くことができるのです。

使命を伝える「パーパスストーリー」

企業の存在意義や社会的な使命を伝えるのが、パーパスストーリーです。

企業が目指すビジョンやバリュー、社会的課題への取り組みや貢献、持続可能性や倫理性などを伝えていきます。

企業が社会に与えるインパクトや価値を示すことで、顧客や社員などのロイヤルティやエンゲージメントを高めることができるのです。

それぞれのストーリーの活用方法

3つのストーリーが実際にどのような場面で活用されているのかを見ていきましょう。

バリューストーリーによるブランドイメージの強化

バリューストーリーを活用することで、ブランドがどんな価値を提供するのか、どんな信念や想いを持っているのかを顧客に伝えることができます。これにより、顧客はブランドに対する認知や印象を形成し、ブランドに対する好感度や親近感が高まります。また、バリューストーリーは、ブランドの差別化や競争力を示すことで、顧客の選択や購買に影響を与えることもできるのです。

顧客とのエンゲージメントの促進

パーパスストーリーを活用することで、ブランドがどんな社会的な使命を持っているのか、どんなインパクトや価値を社会に与えるのかを顧客に伝えることができます。これにより、顧客はブランドに対する共感や信頼を深め、ブランドとの関係性やつながりを強化することができます。顧客の価値観やライフスタイルに訴えることで、顧客の参加や貢献を促すことにもつながるのです。

パートナーや投資家の関心と信頼の獲得

ファウンダーストーリーを活用することで、創業者がどんな人間なのか、どんなビジネスに取り組んでいるのかをパートナーや投資家に伝えることができます。

パートナーや投資家は創業者に対する理解や尊敬を高め、創業者との信頼関係や協力関係を築くことができます。また、ファウンダーストーリーは、ビジネスの起源やミッション、成長や学びなどを示すことで、パートナーや投資家の関心や期待を引くこともできるのです。

まとめ

ストーリーを活用することによるメリットはたくさんあります。

あなたのビジネスやブランドのメッセージが事実や数字で伝えるよりも記憶に残りやすくなるでしょう。聴き手の好奇心を引き出すことで、メッセージが届きやすくなるという効果もあります。

特に、バリューストーリー、ファウンダーストーリー、パーパスストーリーの活用は、ブランドイメージの形成と強化、顧客とのエンゲージメントの促進、パートナーや投資家の関心と信頼の獲得に役立つことがわかったのではないでしょうか。

ストーリーの力を活かして、ビジネスやブランドの成功を目指しましょう。

関連記事

  1. 【コラム】<4月27日は哲学の日>ソクラテスから学ぶ、自己成長の…

  2. 【コラム】ストーリーの力とは?最大限に引き出す7つのポイント

  3. 【コラム】<4/29~5/5はGW>大型連休を有意義に過ごすため…

  4. 【コラム】〈シリーズ〉リーダーシップの本質を紐解く:社会への挑戦を続け…

  5. 【コラム】エンゲージメントが勝手に高まる、共感されるメッセージとは

  6. 【コラム】チケットの進化史:文化とテクノロジーの交差点

  7. 【コラム】あなたは半導体について説明できますか? 半導体の歴史で読み解…

  8. 【コラム】<5月18日はことばの日>「ことば」を大切にして、人生…