【コラム】〈エイプリルフール特集〉世界を変えた嘘。壮大なビジョンを掲げ、ほら吹きと言われた偉人たち vol.1 ライト兄弟


4月1日はエイプリルフールです、私たちはみんな「嘘はいけない」と教えられて育ちますが、この日だけは世界中の人や企業がいたずらを楽しみます。
「嘘」はときに、大きな原動力になります。歴史上でさまざまに成し遂げられてきた、世界を変えるような偉業。その多くは、周囲から見れば絶対に達成不可能だと思われるものでした。「あいつは、ほら吹きだ」と笑われるほどに壮大なビジョンを原動力に、困難に打ち勝つ。このシリーズでは、そんな偉人たちを紹介していきます。


世界で初めて動力付き有人飛行機の開発に成功したライト兄弟。
「そして我々は、飛行機はきっと空を飛ぶと確信していた」、この言葉を残した彼らはそんなことできるはずがないと、周りの人から笑われていました。
そんな声に負けずひたすら実験と研究を繰り返し、ついに世界初の動力付き有人飛行機の開発に成功するのです。

科学者でさえも「不可能だ」と称した彼らの挑戦を達成するまでのストーリーを、このコラムでは紹介します。

飛行機誕生のきっかけはヘリコプターのおもちゃだった

ライト兄弟、兄のウィルバー・ライトと弟のオーヴィル・ライトは、アメリカ合衆国で生まれました。父親のミルトン・ライトは教会の牧師で、母親のスーザン・ライトは工作が得意な女性でした。ライト兄弟は幼少期から機械いじりが好きで、壊れたおもちゃを修理したり、新しいおもちゃを作ったりしていました。

ある日、父親が珍しいヘリコプターのおもちゃをお土産で買ってきました。ゴムで小さなプロペラをまわして飛ばす小さなおもちゃで、プロペラを回転させると飛ぶことができました。このおもちゃに夢中になった彼らは、飛行の原理について考えるようになりました。

彼らは高校を中退し、そのまま印刷業を始めました。しかし、二人の飛行への情熱は衰えることなく、空を飛ぶことを夢見続けていました。

1892年、印刷業に見切りをつけて、自転車店を開業しました。自転車の修理や販売を通じて、二人は機械技術を磨き、空気力学についての知識を深めていきました。自転車作りの経験は、後の飛行機設計に大きく役立つことになります。

彼らの幼少期は、好奇心と探究心に満ちたものでした。父親から贈られたおもちゃがきっかけで飛行に興味を持ち、機械いじりを通じて技術を磨いていきました。二人の才能と情熱が、世界を変える発明へとつながっていくのです。

動力飛行への第一歩は凧とグライダー

ライト兄弟は凧と何機かのグライダーを試作機として製作します。翼幅が5フィート(約1.5メートル)の凧は、風の力を利用して飛ぶ設計でした。
その後試作機としてグライダーは3機作成されました。しかし、初飛行の試みは失敗に終わります。グライダーは6 メートルから 122 メートルという飛行距離で、予期していたような十分な揚力を得られなかったのです。

この結果を受けて、設計を見直すことにします。翼の形状や素材、重心バランスなど、様々な角度から改良を重ねていきました。そして完成した改良型のグライダーは前回の機体より大型化され、操縦席も備えた本格的なものでした。

1902年の9月~10月にかけて、ノースカロライナ州キティホークの砂浜で試験飛行が行われます。機体を砂丘の上から滑空させ、風を受けて飛ばす方式でした。結果は期待通りで、グライダーは最長26秒ほど空中に留まることに成功します。

彼らの粘り強い努力が実を結び始めたのです。グライダーの性能は着実に向上し、動力飛行への道筋が見えてきました。試作を重ねる中で得られた知見は、のちの動力飛行機「ライトフライヤー号」の開発にも生かされることになります。飛行機の歴史に残る偉業の第一歩は、こうして始まったのでした。

ライト兄弟が世界初の飛行に成功した瞬間

1903年12月17日、ノースカロライナ州キティホークの砂丘で歴史的な出来事が起こりました。ライト兄弟が、世界で初めて動力飛行に成功したのです。

この日は弟のオーヴィルが操縦席に座り、「ライトフライヤー号」と名付けられた飛行機に乗り込みました。
エンジンを始動させると、プロペラが回転を始め、機体が前進し始めます。
滑走路の上を滑るように進んでいくフライヤー号は、やがて風を受けて宙に浮き、約36.5メートルの距離を飛行して着陸したのです。
飛行時間はわずか12秒でしたが、人類史上初の動力飛行の記録となりました。

この日、ライト兄弟は合計4回の飛行を行いました。
4回目の飛行では、兄のウィルバーが操縦を担当し、なんと約260メートルの距離を59秒かけて飛行したのです。

彼らの成功は、単なる偶然ではありませんでした。彼らは何年にもわたって、風洞実験や滑空実験を繰り返し、飛行機の設計を改良してきたのです。特に、3軸制御システムと呼ばれる独自の操縦方式の開発が、飛行の安定性を大きく向上させました。
これは、ロール(横軸回転)、ピッチ(縦軸回転)、ヨー(垂直軸回転)の3つの軸を独立して制御できるシステムです。パイロットが体重移動によって機体のバランスを取ることで、スムーズな旋回や上昇・下降が可能になったのです。

彼らの飛行成功は、人類の夢であった空の旅の実現に大きく近づく出来事でした。
キティホークの砂丘で目撃されたあの歴史的な瞬間は、人類の可能性を大きく広げた偉業として、永遠に記憶されることでしょう。

エイプリルフールに学ぶ、実現不可能なビジョンと思われたライト兄弟の偉業

1903年12月17日、ライト兄弟がキティホークで世界初の有人動力飛行に成功してから、飛行機の発展は加速していきました。
兄のウィルバー・ライトは1912年に腸チフスのため45歳で死去し、弟オーヴィル・ライトは1948年に心臓発作のため76歳で死去しました。
2人の死後も、飛行機技術は第一次世界大戦や第二次世界大戦を通じて急速に進歩しました。

プロペラ機からジェット機へ、亜音速機から超音速機へと、飛行機の性能は飛躍的に向上しました。
旅客機も大型化・高速化が進み、1969年には巨大なジャンボジェット機ボーイング747が登場しました。
現在では、飛行機は世界中の人々や物資を運ぶ重要な交通手段となっています。
また、宇宙開発にも飛行機の技術が活かされ、ロケットや宇宙船の開発につながりました。
ライト兄弟が切り開いた空の扉は、人類を新たな高みへと導いたのです。
彼らの功績は、今日の航空産業や宇宙開発の礎となっています。

彼らの情熱と挑戦の遺産は、現代に生きる私たちにも、夢に向かって努力し続ける勇気を与えてくれます。

ライト兄弟の飛行機への情熱と挑戦の物語は、現代に生きる私たちにも多くの示唆を与えてくれます。
彼らは、周囲の懐疑的な目を気にせず、自らの信念と情熱を貫き通しました。
失敗を恐れず、何度もチャレンジし続けた粘り強い姿勢は、私たちにも勇気を与えてくれます。
また、彼らの功績は、一個人の夢が世界を変える可能性を示しています。
動力飛行機の発明は、人類の夢であった空を飛ぶことを実現し、世界に大きなインパクトを与えました。

周りから「嘘」だと思われたビジョンを原動力にし、世界初の動力飛行に成功したライト兄弟。エイプリルフールを機に彼らの偉業を振り返り、未来を切り拓く方法を考えましょう。

関連記事

  1. 【コラム】〈シリーズ〉リーダーシップの本質を紐解く:社会への挑戦を続け…

  2. 転職するように起業を選ぶ。「光を放つ人」をより輝ける場所へ(前編)

  3. 【コラム】ビジネスはストーリーで成功する!3つのストーリーで意識に変革…

  4. 【コラム】共感を呼び覚まそう!物語の力であなたの話し方は劇的に変わる

  5. 【コラム】あなたの商品は感情で売れる!5つの心理テクニック

  6. 【コラム】企業のあり方をストーリーで伝えるミッションステートメントとは…

  7. ブランディングに必要なのは「文脈」。「顧問編集者」のパイオニアが語る、…

  8. 「ストーリー」で「応援してくれる人」を集める。商品のアピールポイントに…