【コラム】あなたの商品は感情で売れる!5つの心理テクニック


最近では、購買行動と感情の関係に注目が集まっており、感情に訴える広告や販売促進には、巧みな心理テクニックの活用が求められています。この記事では、感情の力と心理テクニックの効果的な使い方について解説していきます。具体的な方法や成功に導くアプローチ、そして気をつけるべき注意点も解説しているので、最後まで読めばあなたもビジネスに心理テクニックを取り入れたくなるはずです。


人は感情で買い物をする

商品を売るためには、まず消費者の考え方をよく知ることが大切です。消費者の考え方とは、商品やサービスについて知識を得て、実際に買うまでの心の流れや感情の変化を調べることです。これを知ることは、マーケティングや広告の戦略を考えるときに重要になります。

感情は、消費者が買い物をするときにとても重要な役割を果たします。なぜなら、感情は消費者の考え方や判断、記憶、気持ち、やる気などさまざまな部分に影響を与えるからです。良い感情を持つと、商品やブランドに対して好意的な態度を持ちやすくなり、悪い感情を持つと、商品やブランドに対して否定的な態度を持ちやすくなるのです。

さらに、感情は情報を処理する方法や記憶にも影響を与えることがわかっています。良い感情を持つと、情報をうまく処理できて、記憶もよくなるのです。逆に、悪い感情を持つと、情報の処理がうまくいかず、記憶が薄れてしまうのです。

このように感情は、商品やブランドを買いたいと思う気持ちや、実際に買う行動にも影響を与えるのです。良い感情を持つと、買いたいと思う気持ちが高まり、買うことが増えるかもしれません。逆に、悪い感情を持つと、買いたいと思う気持ちが減少し、買うことが少なくなることもあります。

購買意欲を引き出す方法とは?

感情に訴える広告は、消費者の心に深く響くことができます。広告で感情を刺激する方法は主に3つあります。

1つ目は、広告に登場する人物やストーリーに自分を重ねることで、その感情を共有する「感情移入」です。これにより、私たちはまるで自分がその状況にいるかのような気持ちになることができます。

2つ目は、広告が提供する音楽や色彩などの要素に直接反応し、その感情を体験する「感情反応」です。これにより、特定の気持ちが広告から引き出されることがあります。

3つ目は、広告が提供する商品やブランドについて、自分の過去の経験や知識を連想することで、その感情を引き起こす「感情連想」です。これにより、読者は過去の経験から得た感情を思い出すことができます。

これらの「感情移入」、「感情反応」、「感情連想」は、購買行動に大きな影響を与えることが分かっています。

5つの心理テクニックで感情を揺さぶって売る!

感情に訴えて商品を売る際には、いくつかのポイントがあります。以下では、特に効果的な5つの心理テクニックを紹介します。

1. 共感を呼び起こすストーリーテリング

物語は人間の心に訴える力があります。特に、自分と似た状況や悩みを持つ人物の物語には共感を覚えやすく、感情移入しやすいと言えます。


共感を呼び起こす感情的なストーリーは、心に響く広告を作るための有効な方法です。例えば、ダイエットサプリメントを販売する場合、成功事例や専門家の意見よりも、実際のユーザーの体験や感情、変化を具体的に伝えるストーリーが読者の心をつかむことがあります。


ストーリーを展開する際には、主人公の目標、障害、解決策、結果などを明確にして、読者の感情を呼び起こしやすいようにしましょう。

2. 欲求を刺激するキーワードの活用法

言葉は人々の心理的欲求を刺激する力があります。特に、制約があったり、緊急性や希少性があったりすると、読者の行動を促す要因となります。これらのキーワードを巧みに使うことで、購買意欲を高める広告を作成できます。


セミナーの参加募集をする場合、「期間限定の半額セール」「先着100名まで」「残りわずか」といったキーワードを使うと、読者は急いで行動しなくてはならないと感じ、申し込みボタンをクリックしやすくなります。
ただし、信頼性を保つためには、具体的な数字や期限を示すとともに、いきすぎた表現や虚偽の情報は避けるようにしましょう。

3. 感情に寄り添ったエモーショナルな体験の提供

人々は自身の感情に基づいて判断をして、行動を起こす傾向があります。特に、ポジティブな感情やネガティブな感情から解放されるような体験は、深く記憶に残りやすいと言えます。

顧客の感情に寄り添った体験は、心に残るための効果的な方法です。例えば、旅行会社を経営する場合、「楽しい」「リラックスできる」「感動する」といったポジティブな感情を呼び起こす写真や動画、テキストを使って、旅行先やプランを紹介することで、興味を引きつけ、予約へとつなげることができます。
また、ネガティブな感情を抱えている読者に対しては、「不安やストレスから解放する」「心地よさを提供する」などの言葉を使って、自身の商品やサービスが、感情の安定をサポートすることをアピールしましょう。
感情に寄り添った体験を提供する際には、共感や安心感をもたらすようなメッセージを盛り込むことが大切です。

4. 無意識に訴える音楽と効果的なBGMの選び方

音楽は無意識に訴える力を持っています。特に、リズムやメロディ、歌詞などの要素は、感情や記憶、行動に影響を与えることがあります。
音楽やBGMは、広告の効果を高める手段として有効です。例えば、カフェを経営する場合、「落ち着く」「リラックスできる」「幸福な気分になる」といった感情を引き起こすように、音楽やBGMを店内で流すことで、客がくつろぎやすい環境を提供できます。
また、広告動画に「元気」「楽しさ」「ワクワク感」などの感情を訴える音楽やBGMを使用することで、興味を引き、行動へと結びつけることができます。音楽やBGMの選び方は、ターゲット層の好みや広告の雰囲気に合わせ、商品やサービスのイメージと調和させることが大切です。


5. 消費者心理を活用した価格設定戦略の秘訣

価格は物を買いたいという意欲に大きな影響を与えます。特に、人は価格で、品質や価値を判断することがよくあります。
そのため、消費者の気持ちを考えた価格設定は、広告の力を強めるための大事な方法です。例えば、美容院の場合、高い価格なら品質が高いと考え、高級な価格を設定することで、お客さんは「ここならプロのサービスを受けられる」と思い、予約しやすくなります。
また、「お得感」や「割引」を強調することで、人々は商品やサービスの価値を高く見積もり、買いたい気持ちが高まめます。
価格設定を考える際には、対象の人たちの予算や考え方にあった設定をすることと、価格の理由や説明を提供することが重要です。

心理テクニックの効果的な使い方と注意点

感情を刺激する広告や販促には、心理テクニックをうまく活用することが効果的です。ただし、適切に使うことが大切です。ここでは、心理テクニックの使い方と気を付けるべき点について説明します。

心理テクニックを効果的に活用するために

・ターゲットを明確にする
心理テクニックは特定のターゲット層に向けて使うべきです。商品やサービスに興味を持つ人々のニーズや感情を理解し、その人たちに合ったメッセージを作りましょう。

・目的をはっきりさせる
心理テクニックを使う目的を明確にしましょう。どの行動を促すか、何を達成したいかを考え、それに合った方法を選びましょう。

・効果を評価する
心理テクニックを使った後、その効果を評価しましょう。クリック率や売上などのデータを見て、効果を確認し、改善点を見つけることが重要です。

心理テクニックを活用する際の注意点

心理テクニックを使う際には、次の注意点に気を付けましょう。

・反発を引き起こさないようにする
強引な説得や無理なプレッシャーは、反発を招くことがあります。相手の選択肢を尊重し、強制しないように心がけましょう。

・信頼を保つ
心理テクニックを使いすぎると信頼性が失われることがあります。誇張や虚偽を避け、客観的な情報を提供して信頼を築きましょう。

・後に認知的な不調和が起きないようにする
心理テクニックを使って購買させた後、相手が後悔しないように注意しましょう。アフターケアやサポートを提供して認知的な不調和を解消することが大切です。

まとめ:ビジネスで心理テクニックを使いこなそう!

感情に訴える広告や販売促進は、消費者の心に強く訴えかけ、購買行動を促す方法です。消費者の心理を理解し、心理テクニックを上手に活用することで、効果的なマーケティング戦略を展開できます。
ただし、心理テクニックの使用には注意が必要です。ターゲットを明確にし、効果を評価することで、成功に導くことができます。感情を大切にし、読者の心に響くメッセージを送ることで、ビジネスの成果を最大限に引き出しましょう。

関連記事

  1. 【コラム】ビジネスはストーリーで成功する!3つのストーリーで意識に変革…

  2. 【コラム】チケットの進化史:文化とテクノロジーの交差点

  3. 【コラム】〈シリーズ〉企業の情報発信力がより一層求められる現代vol.…

  4. 【コラム】<4月14日はオレンジデー>バレンタインデー・ホワイト…

  5. 【コラム】<4月23日は世界本の日>大切な人に本を贈る記念日

  6. 【コラム】<5月22日はガールスカウトの日>自分の人生を自分で切…

  7. 【コラム】〈エイプリルフール特集〉世界を変えた嘘。壮大なビジョンを掲げ…

  8. 【コラム】エンゲージメントが勝手に高まる、共感されるメッセージとは